【大阪杯】レイパパレが優勝、無傷6連勝でG1初挑戦初制覇 コントレイルは3着

[ 2021年4月4日 15:43 ]

<大阪杯>直線で抜け出すレイパパレ(8)は2着に4馬身差をつけ圧勝 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 春の古馬中距離王決定戦「第65回大阪杯」(G1、芝2000メートル)は4日、阪神競馬場で行われ、川田騎乗のレイパパレ(牝4=高野)が優勝。G1初挑戦初制覇を果たした。川田は前週の高松宮記念をダノンスマッシュ制しており2週連続でのG1制覇となった。

 2着にモズベッロ、3着にコントレイル、4着にグランアレグリア、5着にサリオスが入った。

 勝ったレイパパレは父ディープインパクト、母シェルズレイの血統。通算成績は6戦6勝。デビュー6戦目でJRAの古馬G1制覇はグレード制を導入した1984年以降の最少キャリア優勝記録に並んだ。無敗だったのは2002年エリザベス女王杯のファインモーション、19年チャンピオンズCのクリソベリルに続く3頭目。

 鞍上の川田はJRA・G1・17勝目。大阪杯はG1昇格以前から11度目の挑戦で初制覇。これまでは17年ステファノス、19年キセキの2着が最高だった。管理する高野師は15年ジャパンC(ショウナンパンドラ)以来6年ぶりJRA・G1・3勝目。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年4月4日のニュース