【弥生賞】昨年の最優秀2歳牡馬ダノンザキッドに注目!

[ 2021年3月1日 05:30 ]

 今週の中山日曜は皐月賞トライアル「第58回弥生賞ディープインパクト記念」がメイン。上位3頭までに皐月賞(4月18日、中山)の優先出走権が与えられる。主役は昨年のJRA賞最優秀2歳牡馬に選ばれたダノンザキッドだ。東京スポーツ杯2歳Sに続いて、今回と同舞台で行われた前走・ホープフルSでG1制覇。展開に左右されないセンスと豊富な持続力は安定感抜群。ここも突破して、皐月賞の主役に名乗りだ。無傷2連勝でひいらぎ賞を制したシュネルマイスター、京成杯2着タイムトゥヘヴンと同3着テンバガーの重賞好走組、ホープフルS4着のタイトルホルダーも参戦し、注目の一戦だ。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年3月1日のニュース