【芙蓉S】アランデル 非凡な勝負根性に託す「距離が延びてどうか」

[ 2020年10月2日 05:30 ]

 中山土曜9R・芙蓉Sは函館芝1800メートルの新馬戦を快勝したアランデル(牡=大竹、父ハービンジャー)に注目が集まる。藤沢和厩舎の素質馬アークライトを首差で競り落としてV。大竹師は「新馬戦はねじ伏せる形で能力は示してくれた。馬自身もいくらかしっかりしてきた。ただテンションはまだ高いところがある。体形的には今回の2000メートルも合うと思うが、気持ちの面で延びてどうか。その辺りは試金石」と非凡な勝負根性に託している。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月2日のニュース