新種牡馬リアルスティールも上々 9頭全馬取引

[ 2020年7月15日 05:30 ]

セレクトセール2020最終日   当歳セリ ( 2020年7月14日 )

 他の新種牡馬も上々のスタートを切った。リアルスティール産駒は上場された9頭全馬が取引。最高額は「シーズオールエルティッシュの2020」の7000万円(江馬由将氏が落札)で平均取引額は3444万円だった。現役時に同馬を手掛けた矢作師は「新種牡馬の中ではリアルスティールは本当にいいと思いますよ」。海外G1を制した愛馬の産駒を高評価した。サトノクラウン産駒も5頭が上場され、全頭が取引された。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年7月15日のニュース