【フェブラリーS】キャピタル・システム代表の息子、北側司氏が矢作師に感謝

[ 2020年2月24日 05:30 ]

モズアスコット フェブラリーS制覇 ( 2020年2月23日    東京競馬場 )

<フェブラリーS>レースを制したモズアスコットと騎乗したルメール(右から3人目)。管理する矢作師(左から4人目)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 キャピタル・システム代表の北側雅司氏に代わり、息子で冠名「グランプリ」の馬主でもある司氏が表彰台に立った。「ダート転向2戦目でG1を勝てるなんてびっくり。自信はあって、もしかしたらと…。ルメール騎手も頑張ってくれましたし矢作先生のおかげです」と興奮気味に話した。「(今後も)大事に扱っていかないと。父も喜んでくれると思います」と笑みを浮かべた。 レース結果

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月24日のニュース