【京成杯】戦い終えて

[ 2020年1月20日 05:30 ]

 ▼3着ディアスティマ(シュタルケ)4角でトモ(後肢)を滑らせたが、それでも直線は伸びてくれた。まだ成長途上だが楽しみ。

 ▼4着ビターエンダー(津村)メンバーが上がった割には頑張っている。上位馬とは差があったが、まだまだこれからの馬。

 ▼5着キングオブドラゴン(田辺)スタートセンスが良く、いいポジションで運べたが流れが速くなったところでモタついた。

 ▼7着ロールオブサンダー(松山)スタートが良く、持ったままでハナへ。もう少し踏ん張れると思ったが外から早めに来られて苦しくなった。

 ▼8着ヴィアメント(M・デムーロ)馬がイライラしていた。馬場のいいところを走ったがコーナーで手応えが悪くなり直線も伸びなかった。

 ▼11着キムケンドリーム(石橋)スタミナを生かす競馬をしようと思ったが道中で余裕がなかった。

 ▼12着チュウワジョーダン(丸山)馬は良くなっていたが、まだ気性が若い。その点の成長が欲しい。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月20日のニュース