【大宮開設記念】地元平原ら“燃え上がる”

[ 2020年1月11日 05:30 ]

倉茂記念杯のPRで東京本社を訪れた嶋田礼央さん(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 大宮競輪場で行われる「東日本発祥71周年(G3)倉茂記念杯」(16~19日)のPR隊が10日、東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。地元からはエースの平原康多を筆頭に金子哲大、植原琢也、黒沢征治らが参戦。SS班の中川誠一郎ら遠征勢と熱いバトルを繰り広げる。

 “大宮冬の陣 闘争心が燃え上がる。”がキャッチフレーズのレースについて、キャンペーンガールの嶋田礼央は「平原選手が期待通りの走りをしてくれると思います。また、イベントがたくさんありますので、競輪初心者の人にも来てほしいです」とアピールした。19日にはオートレーサーの森且行によるトークショーが行われるほか、グルメ屋台も多数登場する。売り上げ目標は50億円。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年1月11日のニュース