【朝日杯FS】(2)ビアンフェ 絶好枠に中竹師「行きやすい枠」

[ 2019年12月14日 05:30 ]

ビアンフェ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 展開の鍵を握るビアンフェは絶好の2番枠を引き当てた。これには中竹師も思わずニンマリ。「内に同型馬がいてほしくないと思っていたが、これならいい。阪神マイルは3角までの距離が長いし、ゲートさえスッと出られれば(前に)行きやすい枠」と歓迎した。

 金曜朝は角馬場で運動してからCWコースでキャンター。軽快な脚取りで流した。師は「中間の調整、追い切りを含め、今回は全てがうまくいった。いい状態で出せる」と体調面の不安は皆無。デビュー戦からコンビを組む藤岡佑も「手応えよく弾む馬。パワーもある」と愛馬のポテンシャルにほれ込んでいる。

 1200メートルで2勝を挙げ、距離経験は1400メートルまで。初めて挑むマイル戦が今回の大きなポイントだ。「さすがに初めてでやってみないと分からないが、ギリギリかもしれない」。中竹師は正直な感想を口にした上で「とにかく小細工なしで、この馬の競馬に徹するだけ。その中でペースが遅いか速いかだけ」と、あくまでスタイルを貫いて真っ向勝負を挑む構えだ。

 新種牡馬のキズナ産駒。初年度から2歳種牡馬リーディング2位と好調だが、その父に初の重賞タイトル(函館2歳S)をプレゼントしたのがビアンフェだ。現2歳世代の重賞勝ち第1号となった“孝行息子”が、今度は初のG1タイトルへ再び逃走態勢。好枠も味方につけ、歓喜のゴールへとひた走る。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月14日のニュース