【中山新馬戦】関西馬エーポス人気に応える 北出師「桜花賞には出したい」

[ 2019年12月14日 12:48 ]

 中山5Rの2歳新馬戦(芝1600メートル)は、1番人気の関西馬エーポス(牝=北出、父ジャスタウェイ)完勝。好位グループの内で運び、直線半ばで早々と抜け出すと、最後は流す余裕で2着ヴィンクーロで1馬身3/4差をつけた。

 騎乗した池添は「上手に走ってくれた。直線で少し狭いところに入って気を遣ったが、それでもいい反応で抜けてきた。調教通りのいい走り。まだ非力なので、これからの馬でしょう」と評価。

 北出師は「普段は物見したり幼いが、走り出したらそういう面を見せない。レースセンスがいい」と称賛。今後は未定だが「年内は使わず厩舎に置いて様子を見たい。何も決まっていないが桜花賞には出したいね」と語った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月14日のニュース