【朝日杯FS】傾向と対策

[ 2019年12月14日 05:30 ]

 中山で施行されていた13年以前も含めて、過去10年で傾向を探る。

 ☆人気 1番人気は【4・2・1・3】、2番人気は【2・1・2・5】。3番人気は【0・1・2・7】と不振。4番人気以下の優勝馬4頭で伏兵の台頭にも警戒。

 ☆前走 ベゴニア賞組が【3・0・0・3】と勝率50%と活躍。重賞では京王杯2歳Sが【1・3・3・29】とリードも着外も多い。優勝馬10頭は全て前走1着だったのは注目すべき点。

 ☆東西比較 関東馬が【5・5・4・34】、関西馬が【5・5・6・98】。出走頭数が少ない関東馬も奮闘。

 結論 ◎サリオス ○レッドベルジュール ▲ジュンライトボルト

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年12月14日のニュース