【朝日杯FS】名手鞍上の斉藤崇厩舎 トリプルエース&ラウダシオンが師走の阪神熱くする

[ 2019年12月11日 05:30 ]

マイル初挑戦でも侮れないラウダシオン
Photo By スポニチ

 【G1ドキュメント・栗東=10日】調教が始まる午前7時の気温は3度まで冷え込んだ。寺下は今冬初めてダウンジャケットを着用して調教スタンドに向かったが、それでも寒い。開門から約30分後、朝日杯FSに2頭を送り込む斉藤崇厩舎のトリプルエースが坂路に登場。4F65秒2でゆったり駆け上がった。その直後、スタンドの2階で指揮官に話しかけて取材スタートだ。

 「先週、ジョッキーに乗ってもらいましたが動きは良かったですね。ここまで予定通り来られている」。1週前追いは新コンビのビュイックを背に、CWコースで6F82秒1。ラスト気合をつけられると鋭く伸び、1F11秒9をマークした。

 マイル戦に距離延長した前走・デイリー杯2歳Sは4着に敗れたが「最後まで頑張って伸びていたし、距離は問題ないかな」とジャッジ。阪神への舞台替わりにも「新馬戦(1着)で走っているし、心配していない」と感触を口にした。

 もう1頭のラウダシオンは午前10時すぎ、坂路に現れた(4F67秒6)。斉藤崇師は「ここまで変わりなく来られている。前走(もみじS1着)は馬場が悪い中でも、こなしてくれた。折り合いが良くなっていますね」と成長に目を細める。

 こちらはマイル初挑戦となるが「ジョッキーは“あれだけの馬場で走れたしマイルも大丈夫”と言っていたから」と不安はない。最終追いはコンビ継続のルメールがまたがり木曜に行う予定。外国人ジョッキーが騎乗する斉藤崇厩舎の2頭はどちらも侮れない。調教後の気温は10度まで上昇。寺下は暑くてダウンジャケットを脱ぎたくなった。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2019年12月11日のニュース