【マイルCS】(8)プリモシーン、叩いて状態UP

[ 2019年11月16日 05:30 ]

 プリモシーンは坂路4F68秒2と軽めのキャンターで駆け上がった後、Aコース(ダート)を軽快に流した。木村師は「いつも通りの感じで乗れました。馬はだいぶいい雰囲気になっています」と好感触。休み明けの前走・府中牝馬S(15着)はまさかの苦杯を喫したが今春のG1ヴィクトリアM2着の実績馬。8番枠については「決められたところで頑張ります」と語った。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年11月16日のニュース