【札幌記念】ブラストワンピース4度目重賞V 川田「最後はこの馬の力でネジ伏せてくれた」

[ 2019年8月18日 18:09 ]

人気に応えゴール前の直線を駆け抜けた川田将雅騎手のブラストワンピース(撮影 千葉 茂)
Photo By スポニチ

 18日の札幌メイン「第55回札幌記念(G2)」は3番人気ブラストワンピースがV。昨年の有馬記念以来、重賞4勝目を挙げた。3着フィエールマンとともに、この後は凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン)へと向かう。

 テン乗りで結果を出した川田は「一番内の枠ということもあって苦しい競馬になったけど、最後はこの馬の力でネジ伏せてくれた感じです。凱旋門賞を見据えての札幌記念で、そこへ向けての依頼でしたが、結果で応えることができてホッとしています」と振り返った。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年8月18日のニュース