【英シャガーC】菜七子 歴史的4着 大会史上最年少22歳でポイント獲得

[ 2019年8月11日 05:30 ]

英国遠征中の藤田菜七子騎手
Photo By スポニチ

 藤田菜七子(22)が日本人女性騎手、大会史上最年少出場騎手として歴史的ポイントを獲得した。12人の世界トップジョッキーによって競われるチーム対抗戦「シャーガーカップ」が10日(日本時間同日深夜)、英国アスコット競馬場で行われた。初選出された菜七子は「チャレンジ」(芝2400メートル)で4着、「クラシック」(同)で5着と大健闘し、計8ポイントをゲット。チーム優勝は川田将雅(33)がキャプテンを務めた世界選抜、個人優勝はヘイリー・ターナー(36)の連覇となった。

 菜七子がシャーガーCに新たな歴史を刻んだ。気温19度、曇天。夢舞台が幕を開けた。英国でも見習騎手の扱いとなるため、3ポンド(約1・36キロ)の減量恩恵。各騎手が5レースに出場する中、迎えた3レース目。序盤6番手から徐々に好位に進出すると、直線での手応えは抜群。激しい叩き合いの末に優勝馬から約1馬身差の4着に入った。見せ場たっぷりで初ポイント(5点)を獲得。さらに騎乗最終レースでも猛然と追い込んで5着、再びポイント(3点)を手中にした。

 「5レース連続騎乗で鞍も重かったけど、乗り切れて良かった。勝てなかったのは残念でしたが、英国で乗れたことは本当にうれしかった。まだ楽しむまでの余裕はありませんでしたが、日本とは違う環境で学べて勉強になった。帰国してすぐ盛岡(交流G3クラスターC)もあるので、また頑張ります」

 憧れ続けたターフに、ついに足を踏み入れた。自身初の海外遠征となった16年8月に立ち寄ったのがアスコット競馬場だった。当時は門の外からコースを眺めただけ。「いつの日か、ここで乗れたら…」と思いを募らせた。あれから3年。夢は現実となった。渡英前に同競馬場の下調べもしっかり済ませた。日本と比べて重い芝質、高低差22メートルは日本で最も高低差がある中山競馬場(5・3メートル)の約4倍。タフなコースでのレースイメージを膨らませた。そしてこの日は到着後、時折強い風が吹く中、川田と共に約30分かけてゆっくりと馬場を歩いて1周。「起伏が凄いし、地盤が柔らかい日本にないような感触」と話した。

 22歳の誕生日となった9日は終日リラックスムード。川田やC・ホーと電流イライラ棒でのゲームに興じる姿も見られた。手の形をした金属製コースフレームに何度も電極棒が引っ掛かり、“ビリビリ”に悲鳴を上げた菜七子だが、その表情は屈託がなかった。

 シャーガーCは00年に蛯名正義が初出場して以来、昨年までに9人の日本人騎手が参戦。ただ、勝利したのは武豊(07年1勝、08年2勝、11年1勝)しかいない。換言すれば、同大会の権威とレベルの高さを証明している。開会式で「シャーガーC史上最年少で選出された日本で最も成功した女性ジョッキー」と紹介された菜七子。歴史的1勝こそ次回大会以降に持ち越しとなったが、全英女子オープンゴルフで優勝した渋野日向子に続き、2週連続で日本人女性アスリートが英国を沸かせた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2019年8月11日のニュース