美浦&栗東トレセンの平地ウッドチップコースが自動計測へ

[ 2019年6月24日 14:49 ]

 サラブレッドが日々、稽古を積む美浦、栗東の東西トレーニングセンターの坂路で使用している調教タイム自動計測システムが新たに平地のウッドチップコースで導入されることが24日、JRAから発表された。

 予想する上で追い切り時計は重要なファクターながら現在、坂路以外は手動計測のため採時するポジションにより、わずかなタイム差が生じるケースが避けられない。美浦Wコースと栗東CWコースが対象で2021年の年末までに導入される。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年6月24日のニュース