【天皇賞・春】プリンス85点 距離に融通 毛ヅヤも輝き

[ 2019年4月23日 05:30 ]

<天皇賞・春>容積のある立派な馬体。魅力あるハーツクライ産駒のカフジプリンス
Photo By スポニチ

 カフジプリンスも魅力あるハーツクライ産駒です。容積のある立派な馬体。岩のようにごつい筋肉隆々の体つきは長距離向きではないが、各部位のつながりに遊びがあるため距離に融通が利きます。何か気になることでもあるのか、耳を外へ開き気味ですが、立ち方自体はリラックスしています。トモは少し浅めですが、飛節は立派。毛ヅヤも輝いています。脚部不安で4歳後半から6歳の初めまで1年5カ月も休養した馬ですが、脚元にはっきりとした名残をとどめていません。チェスナットコートと共にハーツクライが送り出したダークホースです。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年4月23日のニュース