【桜花賞】ダノンファンタジー 最終追いで鋭い動き 川田「自分の競馬で一番いい結果を」

[ 2019年4月3日 13:02 ]

 2歳女王ダノンファンタジー(中内田)は川田を背に芝コースで追い切り、鋭い動きで駆け抜けた。鞍上は「競馬の当週なので、負担になりすぎないようなイメージで乗りました。よく我慢できていたし、競馬に向けていい準備になったと思います」と感触を口にする。

 今年初戦のチューリップ賞を快勝。4連勝の勢いに乗り、クラシック第1弾に挑む。唯一敗れた新馬戦(2着)の勝ち馬グランアレグリアとの再戦に注目が集まるが「久しぶりに対戦できるのは、こちら側も楽しみにしています。阪神のマイル戦は強い馬が勝っているし、桜花賞も紛れが少ない競馬になりやすい。自分の競馬で一番いい結果を得られるように、ファンタジーと頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年4月3日のニュース