【浜名湖賞】松下、準優の再現だ 地元4人が優出

[ 2018年12月4日 05:30 ]

準優勝戦12Rを制してピットに引き揚げる松下(右)
Photo By スポニチ

 地元静岡からは4人が優出。準優を勝ったのは松下ただ一人だ。4号艇で迎えた準優12R。6号艇峰の前付けを入れて5コースカドを選択。「捲りしかないと思って全速で行った」Sはトップのコンマ09。迷うことなく内4艇を捲り切った。優勝戦は3号艇。「理想はカド」と準優の再現を狙う。G1タイトルは09年新鋭王座の一つ。「若手だけの大会と周年は全然違うので(勝ちたい)」と初の周年制覇へ力を込めた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年12月4日のニュース