【福島新馬戦】ルメッサージュ逃げ切る 武藤「さらに良くなりそう」

[ 2018年7月21日 13:53 ]

 21日の福島6Rの新馬戦(芝1200メートル)は2番人気のルメッサージュ(牝=大和田、父ヨハネスブルグ)が逃げ切った。

 好発からマイペースに持ち込んだため勝ち時計(1分13秒8)は平凡だが、武藤は「スピードを生かす競馬ができた。まだ幼いところはあるが、後ろから来たらもうひと伸びしてくれた。使ってさらに良くなりそう」と伸びしろを感じ取っていた。今後について大和田師は「休養を挟んで秋の福島あたりかな」と話した。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年7月21日のニュース