【ラジオNIKKEI賞】筋肉“品質アップ”キューグレーダー

[ 2018年6月27日 05:30 ]

 【美浦ドキュメント=26日】競馬記者1年生が初めて迎える夏競馬。今週からトレセン開門時間が午前5時に変更されることを先輩から聞いていた小野は“出遅れ”に細心の注意を払い午前4時に起床した。缶コーヒーをグイッと飲み干して向かったのがラジオNIKKEI賞にキューグレーダーを送り込む栗田徹厩舎。前走500万戦はスタートで“出遅れ”。それでも直線で鮮やかに突き抜けた。「中間は大きなダメージもなく順調。一回使ったことでガス抜きができて落ち着いていますよ」と担当の浅山助手が笑顔で伝える。「元々トモが緩い馬だけど筋肉が付いて走りが良くなっている。最後に手前を替えて遊んだりしてるのでコース替わりはプラス」と言葉に力を込めた。馬名は母バグダッドカフェから連想したもの。コーヒーの品質を評価する技能者(Qグレーダー)の意味で、いわばコーヒー鑑定士だ。取材から好感触を得た小野。馬の力関係を見極め「違いがわかる男」になれるか!?

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2018年6月27日のニュース