【ラジオNIKKEI賞】ケイティクレバー、小回り千八合う

[ 2018年6月27日 05:30 ]

 年明けに若駒Sを快勝したケイティクレバー。すみれSで好時計決着の2着し、皐月賞にも挑戦した実績は上位だが、今回は転厩初戦。杉山師は「小回りの千八は条件的に合う。牧場から乗り込み、レースに使えると判断しました」と話す。1週前追い切りのCWでは6F83秒9からラスト1F11秒8を馬なりで刻むなど、さすがの脚力。「調教から乗ってもらって知ってる小林徹騎手で」。全2勝を挙げる鞍上とのコンビ復活も買い材料だろう。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟記念」特集記事

2018年6月27日のニュース