【シルクロードS】コウセイ2着、久々逃亡策で底力を発揮

[ 2018年1月29日 05:30 ]

<シルクロードS>ファインニードル(左)に差され2着に終わったセイウンコウセイ(中)
Photo By スポニチ

 復調ぶりを示したセイウンコウセイは昨年に続いての2着。久々の逃亡策に松田は「スタートが速かったからね」と迷いがなかった様子。「何といってもG1馬なんだからね。具合も良かったし、この後も順調にいってほしい」と悔しさをのぞかせながらも底力は発揮できたと強調。昨年はここから本番の高松宮記念でG1獲りを果たしており、同じ着順をステップに連覇を狙う。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2018年1月29日のニュース