元オリ監督息子 大石崇晴 2戦目でデビュー初勝利「迷わず行けるとこから仕掛けた」

[ 2016年7月23日 16:09 ]

 元オリックス監督の大石大二郎氏を父に持つ新人・大石崇晴(23=京都)が23日の和歌山1Rを「大差」で圧勝し、2戦目でデビュー初勝利を飾った。

 打鐘3コーナー過ぎからのカマシ先行で後続をぶっちぎった。「付いてくれた人が声をかけてくれて落ち着いて行けた。(後ろの)競りは作戦の中に中に入っていたし、迷わず行けるとこから仕掛けた。うれしい」と語った。

 大石は報徳学園3年の10年夏に甲子園出場。四国アイランドリーグにも挑戦したが、父の薦めもあって競輪に転向した。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2016年7月23日のニュース