【府中牝馬S】11番人気ノボリディアーナが差し切り重賞初勝利

[ 2015年10月17日 16:46 ]

府中牝馬Sを制したノボリディアーナ

 東京11R「府中牝馬S」(芝1800メートル)は11番人気ノボリディアーナ(牝5=松永昌、父フレンチデピュティ)が鮮やかに差し切り、重賞初勝利を挙げた。最後は差し馬勢の激しい叩き合いになり、追いすがる1番人気スマートレイアーに1馬身1/4差をつけた。

 騎乗したルメールは「直線ではいい反応だった。瞬発力はないが、長い脚を使える。2200メートルくらいまで大丈夫じゃないかな」と称賛していた。

 

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2015年10月17日のニュース