×

【JCダート】パンツオンファイア 尻から火を吹く圧倒的スピード

[ 2013年11月27日 05:30 ]

圧倒的なダッシュ力を持つパンツオンファイア

 最後のジャパンCダートを獲るため、ただ1頭日本にやってきた外国馬の勝負手は、24日に行われた最初で最後の追い切りに隠されていた。パンツオンファイアは舞台となる阪神ダートコースでインをぴったり回って5F64秒7~12秒6。終始、内ラチ沿いを走らせた狙いとは…。陣営は言葉を濁したが、経験のない右回りを克服するため、本番でも内ラチを頼りに、逃げの戦術を思い描いているのは間違いない。

 名は体を表すという。この米国馬もゲートが開くと「パンツに火が付いた」ように飛ばすのが特徴。8勝のうち逃げ切りこそ初勝利を飾った1戦だけだが、ペースが極端に速い米国のダート戦で3番手以内につけるスピードを示してきた。海外競馬に詳しい評論家の合田直弘氏は「米国のマイル前後のダート戦は前半2Fを22秒台で通過する驚異的なペース。パンツオンファイアはそういう流れでも楽に前へ行けます。脚をためて伸びるようなタイプでもないし、テンから飛ばす日本馬がいなければ逃げる形になるでしょう」と言う。

 JCダートは11年まで3年連続で逃げ切り決着。スタートから300メートル先にある1コーナーでペースが緩む、先行有利のコース形態といえる。「阪神はベルモントパーク競馬場(米ニューヨーク州)に似ているので問題ない。毎日走らせて右回りにも慣れてきたし、いいポジションを取れれば手応えはある」。ホームウッド厩務員はそう語る。いいポジションとはもちろん逃げを意味している。

 体調も万全だ。15日の来日から調教のピッチを徐々に上げ、21日に競馬学校(千葉県白井)から阪神へ早々と移動。「驚くほど好調なんだ。環境の変化にも慣れて食欲も十分。自国(米国)にいたときよりハッピーなので私もハッピー」。同厩務員は最高の笑顔だ。

 3歳時にはケンタッキーダービーで2番人気(9着)に支持された実力馬。重賞初制覇のルイジアナダービーでは有力馬のペースメーカー(誘導馬)として出走しながら大番狂わせを演じて陣営を驚かせた。総賞金100万ドル(約1億円)の高額ぶりで知られるこのレースでは、13年のブリーダーズCクラシックを勝つムーチョマッチョマンを3着に沈めている。

 パンツオンファイアには「パンツに火がつく」と共に「ウソつき」の意味もあるが、米国で示したスピードと実績にウソはない。初の右回りでも内ラチを頼りに逃げ切り…。そんな青写真通りの結果が待っている。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2013年11月27日のニュース