【札幌記念】ジョーダン完勝!ディザイア見せ場も3着

[ 2011年8月21日 16:03 ]

「第47回札幌記念」(G2、芝2000メートル・良)は、1番人気のトーセンジョーダン(牡4=池江、父ジャングルポケット、母エヴリウィスパー)が優勝。勝ち時計は2分00秒4。

 各馬が出をうかがう中でハナを切ったのはキングトップガン。カリバーン、アクシオンがこれに続き、トーセンジョーダンは好位の外め4番手を追走。コスモネモシン、レッドディザイアは後方待機策をとった。レースは淡々と進み1000メートル通過は1分00秒4。残り600メートル手前からペースアップすると、トーセンジョダンも押して先頭に並びかけた。

 直線の攻防は、まずカリバーンが先頭に立つと大外からレッドディザイアが強襲。そのまま突き抜けるかと思われたが、残り150メートル地点で失速。内で脚を溜めたアクシオンと追い出しを遅らせたトーセンジョーダンとの叩き合いとなったが、最後はトーセンジョーダンが外からねじ伏せた。

 鼻差の2着にアクシオン、そこから半馬身差の3着にレッドディザイアが入った。勝ったトーセンジョダンはこれがアルゼンチン共和国杯、AJCCに続く重賞3勝目となった。

 ◆トーセンジョーダン 5歳牡馬、父ジャングルポケット、母エヴリウィスパー。北海道安平町のノーザンファーム生産、馬主は島川隆哉氏。戦績は15戦8勝、重賞は3勝。獲得賞金は3億1543万2千円。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2011年8月21日のニュース