橋下徹氏 都知事選のポスター掲示板問題は「ある意味、今の都民の民主主義のレベル…僕は事前規制に反対」

[ 2024年6月24日 09:24 ]

橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(54)が24日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。東京都知事選(7月7日投開票)についてコメントした。

 任期満了に伴う都知事選には、前回20年の22人を大幅に上回る過去最多の56人が立候補を届け出た。事前に用意した選挙ポスター掲示板は1カ所につき48人の枠しかないため、都選挙管理委員会は49番目以降に届け出た候補者にはアクリル板を支給し、個別に設置してもらうよう要請するなど“異例”の事態となった。

 また、ポスター掲示板に、諸派新人の候補者の男性が、局部を隠した女性のヌードポスターを掲示。警視庁は都の迷惑防止条例違反の疑いで警告し、陣営はその後、ポスターの撤去を開始した。このほか、候補者ではないキックボクサーのぱんちゃん璃奈(30)が“ポスター掲示板ジャック”したり、動物のポスターが掲示されるなどしている。

 橋下氏は、「法律違反になるものは掲示できませんけれども、僕は、これは民主主義のある意味、試練といいますか、民主主義の政治って有権者のレベルに合ってくるわけで、こういうことがある意味、今の都民の民主主義のレベルだということを、都民がしっかり受け止めて、ただ最後は有権者がダメなものはダメっていうことで判定できるのは選挙なわけですから、僕は事前規制には反対です。最後は有権者が判断すればいい」と自身の考えを述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月24日のニュース