三上悠亜 有名カメラマンの撮影でのセクハラ被害告白「これはアウト」「芸術をちょっと超えていたかな」

[ 2024年6月12日 10:47 ]

三上悠亜
Photo By スポニチ

 SKE48の元メンバーでタレントの三上悠亜(30)が11日放送のテレビ朝日「イワクラと吉住の番組」(火曜深夜0・15)に出演。有名カメラマンからの“セクハラ”を明かす場面があった。

 この日は「女の数々の問題」の企画で、さまざまなテーマについて女性タレントたちがトーク。「社会人になってハラスメントと感じた回数」についても話した。

 「私はセクシーな業界なので、そもそもセクハラとかはあまり気にしたことなくて」と三上。回数的には「2回」だそうで、そのうちの1回が有名カメラマンによるヌード撮影だったという。

 三上は「ヌードの撮影で有名なカメラマンさんに撮っていただけるということで、“これは凄いお仕事だから引き受けたほうがいい”っていうので引き受けたんですけど、2人きりで撮影をしなくてはならない。ちょっとこれはアウトなじゃないか…いうこともありました」と告白。MCの吉住も「芸術と言われると何も言えない」とツッコミ。

 三上も「そうなんですよ!芸術をちょっと超えていたかな、ということがありました」と苦笑。吉住は「決めたほうがいいかもしれない、芸術の境界線」と提案した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月12日のニュース