EXIT兼近、イケメン芸人は「損することもある」 お笑いを「見られないことが多い」

[ 2024年5月29日 13:11 ]

EXITの兼近大樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(33)が28日深夜放送のフジテレビ「EXITV」(火曜深夜1・25)に出演。ルッキズムにまつわる悩みについて語った。

 ゲストの大久保佳代子が、「ルッキズムなどコンプライアンスを気にするのは分かるけど、あまりにも言えない雰囲気に気持ち悪い時があります」と相談した。

 ルッキズムにまつわる問題について、兼近は「お笑いに関しては見た目がいいと損することもある」と触れ「私はけっこうそれで悩んできたので」と明かした。

 相方のりんたろー。は「すごい手応えあった仕事で、オンエアされた時にエゴサすると、“面白い”じゃなくて、“かっこいい”、“きょうもビジュいい”みたいなのばっかりらしいです。それでモヤモヤするって」と、兼近の悩みを代弁した。

 兼近は「他の人だったらそこは触れられずに、面白かっただけフィーチャーされるのにそこはあんまり見られないことが多い」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月29日のニュース