藤井聡太王将 恒例の勝者の記念撮影は「来期はもう少し…」 日本鉄道賞選考委員としても意気込み

[ 2024年5月23日 14:55 ]

<第73期ALSOK杯王将戦 王将戦就位式>王将盾を手に記念撮影に臨む藤井聡太王将(撮影・大城 有生希) 
Photo By スポニチ

 将棋の第73期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の就位式が23日、東京都文京区の東京ドームホテルで行われ、藤井聡太王将(21)=8冠=に贈位状、王将盾などが贈られた。菅井竜也八段(32)との対決を通算4勝0敗で制し、王将連覇を果たした。

 就位式のあいさつでは今シリーズを振り返り「普段と違う将棋を長い時間考えられ、得るものの多いシリーズだった」と話す。対局で勝利した後に行われる、恒例の「勝者の記念撮影」については「今回は意表を突く企画が多かった。来期はもう少しお手柔らかにお願いします」と話し、笑いを誘った。

 就位式後には、報道陣の取材に応じた。今月20日には、鉄道に関するさまざまな取り組みの中から優れたものを表彰する「日本鉄道賞」の選考委員に就任したことが発表。「お話をいただいて、これまでも関心があるところ。審査員という重責ですが、しっかり務めたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月23日のニュース