大島由香里 実家は「500坪の豪邸」も実は…「普通に“いる”ものだと思ってた」告白にスタジオ騒然

[ 2024年5月23日 17:53 ]

フリーアナウンサーの大島由香里
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー大島由香里(40)が23日、MCを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)で、実家が“事故物件”だったことを明かした。

 生投票テーマ「すごい家に行ったことがありますか?」にちなんで作家・岩井志麻子氏(59)が事故物件に行った際のエピソードを明かすと、大島は「一家が解散する前に私が住んでいた実家なんですけど、500坪ですごい豪邸だったんですけどめちゃくちゃいろんなもの見ました」と驚きの告白。

 今月14日の同番組で「中学3年の時に家がごちゃごちゃして、一家解散の時に家を出なきゃいけなくなって夜逃げしました」と衝撃の過去を明かしていた大島。夜逃げ前に住んでいた家で“いろいろなもの”を見たようで「小さい頃でそれが普通だったので全然気付かなかったんですけど、ずっと年中ラップ音パチパチしてるし、誰もいないのにドア開いたりとか」とさまざまな謎の現象があったという。

 岩井氏が「シックス・センスみたいな?」と有名ミステリー映画のタイトルを挙げると、大島はうなずいて「普通に“いる”ものだと思ってた」。不思議なことに怪奇現象を見ていたのは大島と父親だけだったと明かすと、スタジオは騒然。共演者から「ええー」と驚きの声が上がっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月23日のニュース