市川染五郎 父・松本幸四郎からの手紙にダメ出し? 「鬼平犯科帳 血闘」公開御礼舞台あいさつ

[ 2024年5月20日 19:30 ]

公開御礼舞台あいさつに登壇した市川染五郎
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川染五郎(19)らが20日、都内で行われた映画「鬼平犯科帳 血闘」(監督山下智彦)の公開御礼舞台あいさつに登壇した。

 染五郎は、父・松本幸四郎(51)が演じる主人公の若き頃、長谷川銕三郎を演じる。舞台の終盤には、幸四郎から手紙のサプライズが。

 司会が代読するも「銕三郎に愛情を降り注いで演じ抜いた染五郎、頼もしかった」とわずか一文で終了。染五郎が「もうちょっと書いて欲しかったですね」と漏らすと会場は爆笑。それでも「うれしいです、でも」と表情を崩した。

 あいさつには中島瑠菜(17)、阿佐辰美(23)、菊池日菜子(22)も登壇した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月20日のニュース