“アンパンマン好き”竹内優月女流2級がデビュー戦白星 リコー杯第14期女流王座戦1次予選

[ 2024年5月19日 05:00 ]

女流棋士デビュー戦を迎えた竹内優月女流2級(撮影・小田切 葉月)
Photo By スポニチ

 今年3月1日付で将棋の女流棋士になった竹内優月女流2級(13)が18日、東京・将棋会館でプロデビュー戦を迎えた。

 リコー杯第14期女流王座戦1次予選1回戦で、藤井奈々女流初段(26)と対戦。184手で勝利した。

 国民的アニメ「アンパンマン」が好きで、対局にマグカップやハンカチといったグッズを持参。「ちらっと目に入るたびに勇気をもらった。もっと強くなってタイトル戦に出たい」と語った。2回戦では室谷由紀女流三段(31)にプロ初黒星を喫した。

 同棋戦は唯一、海外招待選手枠が設けられている。新型コロナの影響で2020年に招待が中止されて以降、今回4年ぶりの実施。米国在住のルージー・サンアマ(29)が出場したが、1回戦で今井絢女流初段(22)に敗れた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月19日のニュース