「虎に翼」不穏ナレ&寅子慟哭の次週予告…ネット早くも悲痛「涙の予感」「優三さん大丈夫だよね?」史実は

[ 2024年5月17日 08:15 ]

連続テレビ小説「虎に翼」第35話。結婚し、写真に納まる猪爪寅子(伊藤沙莉)と佐田優三(仲野太賀)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の伊藤沙莉(30)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は17日、第35話が放送された。20日からは第8週「女冥利に尽きる?」に入る。

 <※以下、ネタバレ有>

 向田邦子賞に輝いたNHKよるドラ「恋せぬふたり」などの吉田恵里香氏がオリジナル脚本を手掛ける朝ドラ通算110作目。日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルに、法曹の世界に飛び込む日本初の女性・猪爪寅子(ともこ)の人生を描く。吉田氏は初の朝ドラ脚本。伊藤は2017年度前期「ひよっこ」以来2回目の朝ドラ出演、初主演となる。

 第35話は、猪爪寅子(伊藤沙莉)は佐田優三(仲野太賀)からの提案を受け入れ、婚約。猪爪はる(石田ゆり子)と猪爪直言(岡部たかし)は驚きつつも、2人を祝う。寅子は弁護士として初仕事も依頼され、堂々たる法廷デビュー「紙切れ一枚で、こんなに状況がよくなるなんて」と山田よね(土居志央梨)に語るが、よねは納得していない様子で…という展開。

 この日のラスト。「寅子が結婚をした昭和16年11月。その翌月、日本は真珠湾を攻撃し、アメリカやイギリスと戦争を始めることになります」(語り・尾野真千子)――。

 次週予告。よねは「おまえには男に守ってもらう、そっちの道がお似合いだよ」。寅子は慟哭。「じゃあ、私はどうすればよかったの?」――。

 SNS上には「予告に涙の予感しかない(泣)」「結婚したのに予告が暗い」「泣き崩れる寅子の予告はあまりにも…」「予告の最後の寅子の慟哭。何か悲劇の予感」「たった1週間で悲しい展開は…それだけはやめてくれ」「寅子と優三さんに幸あれ」「優三さん、大丈夫だよね?」「もしかして優三さん、徴兵されるの…?」などの声が上がった。

 寅子たちの運命は果たして。

 主人公のモデル・三淵嘉子(父は武藤貞雄)は、書生として武藤家に一時住み込んでいた和田芳夫と結婚。芳夫は1944年(昭和19年)に召集されている。(敬称略)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月17日のニュース