千秋 インスタのサブスク巡るMeta社とのゴタゴタ明かす 機能制限で税務情報送るも…収益没収?

[ 2024年4月11日 10:50 ]

タレントの千秋
Photo By 提供写真

 タレントの千秋(年齢非公表)が、11日までに自身のインスタグラムを更新。サブスクリプションサービスを設定したものの、うまくいっていないことをつづった。

 インスタグラムで導入されているサブスクサービスは、クリエイター側が設定することで、月額料金を支払って登録したファンが限定の投稿などを閲覧できるようになる。

 千秋もサブスクを開始していたというが「サブスクやってたけど 収益もらわずにいたら サブスク機能を制限されて仕方なく収益もらう手続き取ってたけど 全て英語のやりとりで税務情報送れと言われて どこの誰かわからないところに送るのもやだけど 意を決して送ったら 返事が止まったりしてもう数ヶ月、あれこれやってますがどうにも進みません」と明かした。

 「収益は没収、それはいいんだけど機能が停止するのか、既に入ってくれてるみんなに申し訳ない。だから辞めるかもしれないです」という。これについて「サブスクに入ってくれてる皆さんはもう理解してくれてます、優しい」としつつも「上手にできてる方もいれば同じようにうまくいかない話もちらほら聞きます。Meta社日本法人様何か対応策を教えてくれると助かります」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年4月11日のニュース