安住紳一郎アナ いまだに頭の隅にある印象的なニュースキャスター像明かす「今だったら大炎上ですね」

[ 2023年9月4日 11:39 ]

TBSの安住紳一郎アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(50)が4日、メインキャスターを務める朝の情報番組「THE TIME,」(月~金曜前5・20)に出演。いまだに頭に浮かぶキャスター像を明かす場面があった。

 9月のマンスリーレギュラー、俳優の鈴木浩介がこの日から登場することに触れ、「ドラマなどでの印象ですと、鈴木さん、とても穏やかそうなイメージを私、勝手に抱いていたんですけど、高校時代は陸上の選手で4×100mリレーの選手で全国大会に出場したんだそうです。とてもスポーツマンなんですね」と紹介。「西田敏行さんが出演されている『池中玄太80キロ』というドラマの再放送を見て俳優を志したそうです。その後、西田さんと同じ青年座に進みます。何となくドラマの再放送を見てっていうのが何か面白いですよね」とした、

 「今は少なくなりましたけど、昔はよく、午前中とか午後にドラマの再放送をやっていて、私もよくたくさん見ました」と続けた。

 そのうえで「私は『パパはニュースキャスター』というドラマの再放送をよく見ていました」と告白。「その時に描いていた、テレビ局で働く田村正和さんっていうのがいまだに頭のこの辺にあるんです」といまだに頭の隅にあるニュースキャスター像だと明かした。

 さらに「ちなみに、そのニュースキャスターは隠し子が3人いました」と補足。「今だったら大炎上ですね!」と両手を広げて、笑った。

 「パパはニュースキャスター」は同局が1987年に放送していた人気ドラマ。21年に亡くなった田村正和さんが演じた鏡竜太郎の元に、酒の席で口説いた3人の女性との間にできた娘が現れ、いきなり3人の父親になるというコメディードラマ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年9月4日のニュース