橋下徹氏 アメフト部の大麻問題、日大対応に「1人の部員に全責任を負わせようとしたように感じた」

[ 2023年9月4日 11:23 ]

橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(54)が4日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。日大が1日、部員の違法薬物事件が起きたアメリカンフットボール部を同日から再度の無期限活動停止にしたとホームページで発表、8月31日付で学生寮も閉鎖したことに言及した。

 日大は8月5日にアメフト部を無期限活動停止処分にしていたが、「個人の犯罪」と判断し、5日後の10日に処分を解除していた。しかし、その後に学生寮が2度目の家宅捜索を受け、複数の部員が任意聴取されたとした上で「もはや個人の犯罪にとどまるところではなく、大学としての管理監督責任がより厳しく問われている状況。深く反省し、徹底的に調査する」とした。

 また、日大アメフト部が所属する一般社団法人関東学生アメリカンフットボール連盟は2日、10月1日に予定していた「参考試合」の中央大学-日本大学を中止とすると発表、日大の出場資格停止処分は継続されることになった。当該試合の中止に伴う他の試合の開始時間や会場の変更は、あらためて告知するとしている。

 橋下氏は「最初の1人の部員だけをドーンと出して、そこに何か全部の責任を負わせようとしたように僕は日大のやり方に感じた」と自身の見解を述べた。そして、「連帯責任は本当は解除してあげたいんですけどもね」と付け加えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年9月4日のニュース