15歳RUANNがメジャーデビュー プロデューサー絶賛「SPEED以来の衝撃」

[ 2018年8月12日 09:30 ]

本格的なダンスと歌でメジャーデビューを果たしたRUANN
Photo By 提供写真

 SPEED、ゆずらを手掛けたプロデューサーが「SPEED以来の衝撃を受けた」と絶賛する15歳の少女が9月にメジャーデビューする。抜群のダンスと歌を武器にするRUANN(ルアン)。ギターを弾き、曲も作ることができる上、英語と韓国語を独学で習得した驚異の中学3年生だ。

 才能あふれる15歳がメジャーシーンに挑む。11日、地元大阪で公演し「皆さん、実は報告があります。私、トイズファクトリーからメジャーデビューが決定しました」と笑みを浮かべて発表した。400人が詰めかけた会場からは「おめでとう」という祝福の声が飛んだ。

 マイケル・ジャクソンさんやビヨンセらに影響を受けて幼少期からダンスと歌を始め、小学生の時からSNSを通じて自身のパフォーマンスを発信。それを見た人気バンド「ONE OK ROCK」のボーカルTaka(30)らに高く評価されてきた。

 今年1月には自身で作詞作曲した「I AM STANDING」がNHKアニメ「3月のライオン」のエンディング曲に起用された。3月には初CDとなる自主制作盤「SCRAMBLE 14」を発表。活動を本格化させる中で、Mr.Childrenらが所属するトイズファクトリーと契約した。

 期待を裏付けるように、同社社長の稲葉貢一氏が自らプロデュースを手掛ける。SPEEDやゆずらを育ててきた同氏は以前からRUANNに注目。市川猿之助(42)主演舞台「スーパー歌舞伎2 ワンピース」(15年)の主題歌トータルプロデュースを務めた際にも、ボーカルにRUANNを起用した。かつて手掛けた女性4人組を引き合いに「歌とダンスが人並み外れている。SPEED以来の衝撃を受けた」と絶賛する。昨春、2年ぶりに再会すると独学でギターと韓国語をマスターしていたといい、その向上心や行動力にもほれ込んでいる。

 RUANNは9月10日にメジャーデビュー曲「LOVE & HOPE」を配信する。この日の発表後にお披露目し、爽やかなダンスナンバーに合わせて卓越したパフォーマンスを繰り広げた。夢はグラミー賞を獲ること。「アジアでてっぺん獲って、世界のRUANNになります」と力強く意気込んだ。

≪K?ki,ら同世代≫ 木村拓哉(45)&工藤静香(48)夫妻の次女でモデルデビューしたK?ki,も同じ15歳。世界最年少でブルガリのアンバサダーに就任し、国内外の注目を集めている。スポーツ界では卓球男子で世界ランク6位の張本智和も同年齢。スケールの大きい15歳が各界で活躍している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年8月12日のニュース