PR:

テレ東 大杉漣さん出演ドラマ「バイプレイヤーズ」継続へ「何とか放送にこぎつけたい」

急逝した大杉漣さん
Photo By スポニチ

 テレビ東京は22日、東京・六本木の同局で定例の社長会見を行い、21日に急死した俳優の大杉漣さん(享年66)が出演していた連続ドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」(水曜後9・54、全5話)に言及。長田編成局長は残る第4話(28日放送)と最終回(第5話)(3月7日放送)の放送について「何とか第4話、第5話、撮り終えている部分は何とか放送にこぎつけたいという気持ちです」と継続へ前向きな姿勢を示した。

 21日に第3話が放送され、第4話は7割、最終回(第5話)は3分の1ほどの撮影が終了。まだ撮影は残っているが、長田編成局長は「何とか第4話、第5話、撮り終えている部分は何とか放送にこぎつけたいという気持ちです。ご遺族、共演者の皆さま、スタッフの協力を得て、放送にこぎつけるべく、昨日以降、プロデューサーを中心に調整しているところであります。確定はしておりません。放送に向かって取り組んでいるというところであります」と明かした。

 小孫茂社長も「できることなら少なくとも第4話、第5話を続けられないかという指示を編成にもしております。少なくともテレビ東京では、この方の代わりを探すという議論はあり得ません。仮に代わりを探すとしたら作品自体を変えるぐらいの存在感」と語った。

 大杉さんの当日の様子については「基本、報道と差異はありません。撮影日当日、21日未明に亡くなったんですが、前日は普段通り撮影を行われ、朝8時から始めて21時には予定通り終了。その後、共演者の方と食事に行かれて、23時前にはホテルにお戻りになられたと報告を受けています」と語った。

 「バイプレイヤーズ」の浅野太チーフプロデューサーは「その日の撮影は(大杉さんは)全くもって元気だった、いつも以上に元気だったと聞いています。食事の際は共演者のみだった」と話した。

 大杉さんは亡くなる前日の20日、千葉県内で元気に撮影に参加。残る撮影は21、22、27日の3日間を予定していた。

 大杉さんは20日の収録後に松重豊(55)ら共演者と夕食を共にし、ホテルの自室に戻ったところで腹痛に襲われた。

 出演者はグループLINEでつながっており、それを利用して大杉さんは「具合が悪い」と訴えた。異変に気付いた松重がタクシーで千葉県内の病院に連れて行った。手厚い治療が施されたが、容体は好転せず、臨終は松重の知らせを受けて病室に駆けつけた遠藤憲一(56)、田口トモロヲ(60)、光石研(56)がみとった。

 固い絆で結ばれた名脇役たち。残された4人は同局を通じて「あまりにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。『バイプレイヤーズ』という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください」と悲痛なコメントを寄せた。

 名脇役たちが再び本人役で共演する話題作。約1年ぶりの復活となり、深夜(金曜深夜0・12)の40分枠からプライム帯(午後7〜11時)の1時間枠に昇格。昨年1〜3月に放送された前作「〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」に続き、大杉さん、遠藤、田口、松重、光石が出演。寺島進(54)はスケジュールが合わず、今作は休んだ。

 前回は、6人が共同生活を送る“おじさんだらけのテラスハウス”として話題に。今回は、テレ東制作の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになった5人がロケ地を間違えて無人島に流れ着き、サバイバル生活を送るというストーリー。おじさんたちの“わちゃわちゃ”ぶりがパワーアップ。視聴者の“おじさん萌え”に拍車がかかり、反響を呼んでいる。

[ 2018年2月22日 15:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:05月28日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル