「MAG!C☆PRINCE」九州豪雨被災者へ義援金 8日の東京公演収益の一部を寄付

[ 2017年7月7日 15:20 ]

初の東京公演の売り上げの一部を九州豪雨災害者のために寄付することを決めたMAG!C☆PRINCE
Photo By 提供写真

 東海地方を拠点に活動しているイケメングループ「MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)」が九州豪雨の被災者に義援金を送ることになった。8日にZepp Tokyoで行う自身初の東京公演の収益の一部を寄付する。

 5月に結成された弟分グループ「九星隊(ナインスターズ)」が九州を拠点に活動していることもあって「少しでも力になろう」と決めた。

 リーダーの平野泰新(22)は「僕自身も東日本大震災の時に青森にいて災害を経験したこともありますし、弟分のナインスターズが福岡ということもあり、連絡をとりあいながら被害の大きさなどを聞きメンバー、スタッフの皆さんで話し合って、少しでも九州の皆さんに役に立ちたいという思いから寄付させていただくことにしました」と説明。公演にはナインスターズも出演予定で「一緒に多くの笑顔を生み出して、そのパワーをナインスターズのみんなに託して九州に届けてもらいたいです」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年7月7日のニュース