ジャニーズWEST初!小瀧望 今秋上演「MORSE」で単独主演

[ 2015年7月30日 06:00 ]

 ジャニーズWESTの小瀧望(19)が初めて単独で舞台主演することが決まった。今秋上演される「MORSE―モールス―」(11月13日~12月6日、東京グローブ座)で、「いじめ」「同性愛」「離婚」など社会的な問題を含むサスペンス。小瀧はいじめに悩む孤独な少年役で、「少年のピュアで純粋な愛や、心を表現できるように精いっぱい頑張りたい」と意気込みを語っている。

 ジャニーズWESTとしては、今年1月の「なにわ侍団子郎一座」などの舞台を経験。メンバーの中で、最初の単独主演舞台に「決まった時はうれしくて頭が真っ白になりました。同時に緊張や不安も感じています。メンバーのいない舞台は初めてなので、とにかく自分の成長が楽しみです」と語っている。

 同作は、スウェーデンの作家の小説「LET THE RIGHT ONE IN」がベースとなっており、2010年に米ハリウッドで「LET ME IN」(邦題「モールス」)として映画化。英米で舞台も上演されている。今回の演出を、映画監督の故深作欣二氏の長男・深作健太氏が担当するのも話題を集めそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年7月30日のニュース