やなせたかし氏「余命2~3週間」ブラックジョーク連発

[ 2013年7月7日 08:49 ]

フォトセッションでポーズをとる(左から)アンパンマン、本仮屋ユイカ、やなせたかし、ドリーミングのかよ、ちよ、ばいきんまん

 アニメ映画「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」(監督矢野博之)が初日を迎え、原作者やなせたかし氏(94)らが舞台あいさつを行った。

 ゲスト声優の本仮屋ユイカ(25)らに手を引かれて登場。恒例の生歌披露では、高齢による視力低下などをネタに「目は見えず、耳は聞こえず。私が舞台で死ねば、映画の宣伝になる」と歌唱。その後も「あと2~3週間しか生きられないと言われてる。死ぬときは笑いながら死ぬ」とブラックジョーク連発で、司会者を困惑させた。関係者によると、普段から話している冗談だという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年7月7日のニュース