AKB峯岸みなみ 丸刈りで“お泊まり”騒動謝罪 研究生に降格

[ 2013年1月31日 19:00 ]

丸刈り姿で謝罪するAKB48の峯岸みなみ(YouTubeから)

 一部週刊誌に若手ダンサー宅への“お泊まり”が報じられたAKB48の峯岸みなみ(20)が31日、ユーチューブ上のグループ公式チャンネルで謝罪した。

 丸刈りで登場した峯岸は涙声で「メンバー、ファン、スタッフ、家族、みなさんにご心配をおかけして申し訳ありませんでした。AKB第1期生として、後輩のお手本になるべきなのに軽率で自覚のない行動でした」と謝罪。「頭の中が真っ白でどうしたらいいのか、自分に何ができるのか、週刊誌を見ていてもたってもいられず、だれにも相談せず坊主にすることに決めました」と丸刈りにした経緯を語った。さらに涙ながらに「AKB48を辞めたくない。甘い考えかもしれませんが、今回のことはすべて私が悪かったです。本当に申し訳ございません」と深々と頭を下げた。

 またAKB48劇場の戸賀崎智信支配人は公式ブログで、峯岸を2月1日付でAKB48研究生に降格処分にすると発表した。

 “お泊まり”は、31日発売の週刊文春で、1月17日に世田谷区内のダンサー宅に一泊したと報じられたもの。お相手はEXILEの弟グループ「GENERATIONS」の白濱亜嵐(19)で、2人は11年秋に朗読劇「もしもキミが。」で共演していた。

 AKB48は恋愛禁止を掲げているため、峯岸は丸刈りにしてけじめをつけた。
 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年1月31日のニュース