ボクシングを生観戦しながら実況・解説が聞ける ダイナミックグローブで配信実証テスト

[ 2021年12月4日 18:07 ]

 4日に東京・後楽園ホールで開催されたプロボクシングの第608回ダイナミックグローブの会場で音声配信サービス「PlatCast」を利用した新たな試みの実証テストが行われた。

 会場で試合を生観戦しながら自分のスマートフォンやタブレッドで実況や解説を聞けるもので、遠方の座席や、ボクシング観戦が初めての方でもより楽しんでもらうことなどが狙い。アプリのダウンロードやWi-Fi環境は不要で、QRコードを読み取るだけでOK。音声配信のみのため、データ通信料はほとんど(1時間で約0.04GB)かからず、音声遅延もほとんどないという。スマートフォンの位置情報と連動し、指定されたエリア内のみで音声を聞くことができる。

 この日はCS放送「日テレG+」で生放送された実況を配信。メイン、セミファイナルの解説は元WBA世界スーパーフライ級王者のセレス小林、元WBC世界バンタム級王者の山中慎介の両氏が務める。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年12月4日のニュース