×

代替試合があるのかどうか…井岡戦生中継予定のTBSは困惑

[ 2021年12月4日 05:30 ]

東京・赤坂のTBS社屋
Photo By スポニチ

 ボクシングの豪華2大世界戦がオミクロン禍の直撃を受けた。帝拳ジムは3日、村田諒太(35)がゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)と対戦するミドル級王座統一戦を含む29日のイベントを来春に延期すると発表。志成ジムも同日、大みそかに予定していた井岡一翔(32)のスーパーフライ級王座統一戦の中止を発表した。

 井岡戦の生中継番組を予定していたTBSも対応に追われた。同局広報部は「番組の放送については調整中です」とコメント。31日午後6時半からの1時間15分枠を番組にあてているが、関係者は「対応は決まっていない。代替試合があるのかどうかによっても状況は変わってくる」と話した。

 大みそかのゴールデン帯の番組を差し替えるとなれば異例の事態。「年末年始の特番制作で多忙な時期で、新たな番組をつくることも大変」と頭を悩ませている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2021年12月4日のニュース