井上尚弥、28歳誕生日「この先のキャリアも期待して」

[ 2021年4月10日 21:28 ]

井上尚弥
Photo By スポニチ

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が10日、28歳の誕生日を迎えた。井上は自身のマネジャーが祝福メッセージを寄せたツイッターを引用ツイート。「皆さんの応援なしでは辿り着けなかった舞台です。本当にありがとうございます!!この先のキャリアも期待して下さい!!」と投稿した。

 井上は6月19日に米ラスベガスでIBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)との防衛戦を計画。その後はWBO王者やWBC王者との統一戦を行い、4団体統一することを目標に掲げている。

 28歳は大橋秀行会長が引退した年齢。自身は35歳引退を公言しているが、初めて世界王座を獲得してから7年が過ぎた今月6日には、「終わりに近づいているのは間違いない。キャリア後半に入っていることを考え、自分の体と向き合わないといけない」とも話していた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月10日のニュース