“神童”那須川天心、来年3月でキックボクシング引退、ボクシング転向を発表「蹴りを捨てて拳だけの道に」

[ 2021年4月10日 20:58 ]

那須川天心
Photo By スポニチ

 キックボクシングの“神童”那須川天心(22=TARGET/Cygames)が10日に放送されたTBS系「炎の体育会TVSP」で、来年3月に予定されている大会「RISE」をもってキックボクシングを引退し、ボクシングに転向することを発表した。

 那須川は「重大発表させていただきたいと思います」とし「ずっとやってきたキックボクシング、那須川天心は引退します」と発表。「2022年3月に予定されている『RISE』の試合をもって引退」とした。残り試合は「2から4」と明かし、引退後は「やめてボクシングに転向させていただく」と告白。「蹴りを捨てて拳だけの道に専念します」と決意を語った。

 「予定では2022年中にデビューしたいと考えてます」と今後の構想を明かした。また「やり切った。ずっとチャンピオンの立場という感じだった。それだと自分的にはつまらない。挑戦したいというのがずっとある。だったら自分がボクシングに挑戦して下の立場から、強いチャンピオンを倒していく。そっちの方が生きてて面白いかな。やり残したことはない」とキックボクシングに未練はないとした。

 那須川は史上最年少の16歳で「RISE」のバンタム級王座を獲得。天才的なセンスとテクニックでほぼ全ての試合でダウンを奪い44戦44勝(32KO)。そのKO率の高さから「神童」「キックボクシング史上最高の天才」「ライトニング・レフト(稲妻の左)」などと呼ばれている。

 18年大みそかにはボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(44=米国)とボクシングルールに準じたエキシビションマッチを行い、公式戦ではないものの、人生初のダウンを喫し、屈辱の1回TKO負けを味わっている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月10日のニュース