那須川天心、ボクシング転向へ決意「みんなの想いを体現します」 ネットはドリームマッチを熱望

[ 2021年4月10日 22:37 ]

那須川天心
Photo By スポニチ

 キックボクシングの“神童”那須川天心(22=TARGET/Cygames)が10日に自身のツイッターを更新し、来年3月にキックボクシングを卒業し、ボクシングに転向する思いを改めてつづった。

 10日に放送されたTBS系「炎の体育会TVSP」で、来年3月に予定されている大会「RISE」をもってキックボクシングを引退し、ボクシングに転向することを発表し、番組内で「蹴りを捨てて拳だけの道に専念します」と決意を語った。さらに「やり切った。ずっとチャンピオンの立場という感じだった。それだと自分的にはつまらない。挑戦したいというのがずっとある。だったら自分がボクシングに挑戦して下の立場から、強いチャンピオンを倒していく。そっちの方が生きてて面白いかな。やり残したことはない」とキックボクシングへ未練がないことも明かしていた。

 番組終了後に那須川は自身のツイッターで「挑戦って人生を楽しくさせてくれます。感謝しかない。みんなも何かに挑戦してみてください。生きてるって素晴らしいです」とメッセージを書き、最後に「みんなの想いを身体で体現します。やってやるさ!!」と改めてボクシング転向への決意をつづった。

 那須川の発表に、ネットでは「やっぱり天心ボクシングか」「那須川天心のボクサー転向はめちゃくちゃ楽しみすぎる!」「チャレンジャーやな」「那須川天心ボクシング転向って楽しみでしかない」など、驚きと楽しみな声が多く上がった。

 そして格闘技ファンが最も熱望するKー1で史上初の3階級王者で現K―1スーパー・フェザー級王者である武尊(29=SAGAMI―ONO KREST)とのドリームマッチについても「武尊とのビッグマッチいつになるんだろう」「天心VS武尊の試合が待ち遠しい」「本格的に武尊天心戦実現が見えてきたな」「2人のマッチは最高に熱い!」などと実現を期待する声が多かった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月10日のニュース