赤井英和の長男・英五郎、プロ転向「父が果たせなかったこと成し遂げたい」

[ 2021年3月17日 05:30 ]

赤井英和(左)と長男の英五郎
Photo By 共同

 元プロボクサーで現在はタレントとして活躍する赤井英和(61)の長男・英五郎(26)が名門・帝拳ジムからプロデビューする。

 21年度東日本新人王予選にミドル級で参戦予定の英五郎は16日、電話取材に応じ、「父を尊敬している分、コンプレックスも感じていた。“赤井ジュニア”ではない自分を示すため、父が果たせなかったことを成し遂げたい」と父超えを誓った。米ウィディア大2年時にボクシングを始め、日米を行き来しながら国内でアマキャリアを積んできたが、東京五輪出場の夢が絶たれ、プロ転向を決意したという。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年3月17日のニュース