武尊、K―1前日会見で決意表明「こんな時だからこそ、みんなにパワーを」

[ 2020年3月22日 05:30 ]

計量を終え、ポーズを取る武尊(左)とペッダム・ペットギャットペット(撮影・米田 充利)
Photo By スポニチ

 立ち技格闘技のスポニチ後援「K―1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」(さいたまスーパーアリーナ)の前日計量と会見が21日、都内で行われ、スーパーフェザー級スーパーファイトに臨む武尊(たける)は「最高の試合をして必ずKOで勝つ。こんな時だからこそ、みんなにパワーを与えるような試合をしたい」と決意表明した。

 当初はISKA世界ライト級王者ブアフフ(モロッコ)とのダブルタイトル戦が予定されていたが、ブアフフが来日できず中止。ペッダム(タイ)とセミファイナルでの対戦に、「試合順ではなく、内容で武尊がメインだと示したい」と話した。なお、西村康稔経済再生担当相は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、主催者側に自粛を促すよう、埼玉県の大野元裕知事に要請した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年3月22日のニュース